フラワー・レメディー・ハンドブック―エドワード・バッチ フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブックス)

フラワー・レメディー・ハンドブック―エドワード・バッチ フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブックス)

フラワー・レメディー・ハンドブック―エドワード・バッチ フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブックス)

総合評価:5  [総評者:おおたがきおきまさ
定価: ¥ 2,808、 発売日: --

みんなのレビュー・感想

    投稿者
中身を少し見れたのですが、知りたい花についてはなかったように思えて,残念な気がしました
    投稿者
フラワーレメディの本は様々読みましたが、イギリス人が書いているものはおしなべて表現が辛辣でびっくりします。バーベインやバイン、ロックウォーターの人は手の付けられない偏屈ものみたい。どんな人も苦しんでいるから、レメディを取り入れようとしているのに、その点の配慮ってしないのですかね?分厚さの大部分は症例と処方例、どれも患者が大感激したという記述が並び、少し鼻白むので飛ばし読みで。でも、はっきりした記述のおかげでレメディ説明はわかりやすいので、繰り返し開いてはいる本です。
    投稿者
レメディのフルセットを購入し、立ち上がってくる感情に向き合ったときに、その感情にあったレメディがこれでいいのか考えるときに開いています。ひとつひとつのレメディの説明と
実際に飲んで変化していった例が主です。簡単な説明に物足りなくなって、もう一歩踏み込み
たい人向けだと思います。これを読んで、ホリーの印象が変わりました。ぼこぼこに書かれているレメディもあるので、まるまる鵜呑みにするかは読んだ人の判断によると思います。

参照元:http://www.amazon.co.jp

⇒ フラワー・レメディー・ハンドブック―エドワード・バッチ フラワー・セラピーの世界 (ヒーリング・ブックス)