タッチフォーヘルスとは

タッチフォーヘルスは1970年にジョン・シー博士が、体から得られるエネルギーのバランスをとる実用的で効果的な方法を一般公開したことから始まりました。

 

1964年、ジョン・シー博士は、ジョージ・グッドハート博士に出会って、手で出来る筋肉テストという生体反射のテクニックを学び、筋肉反射テストという画期的な診断方法を用いることで、西洋医学のアプライドキネシオロジーと東洋医学の経絡や陰陽五行理論を統合させた健康法を考えました。

 

その健康法こそが、カイロプラクターや医師に限定されない一般の人も使える、学びやすく害がないテクニックをまとめた本が『(Touch for Health )(タッチフォーヘルス健康法)』です。
                         この本はたちまちベストセラーになり、その効果の凄まじさに、本国アメリカやドイツ、オーストラリアでは、保険が適用される自然療法として認知されるほど確かなものとなっています。

 

今日では、タッチフォーヘルスは世界112カ国で愛用されている家庭予防医学の決定版です。

 

タッチフォーセルフは、道具や器具を使わない手技で、タッチするだけ。

 

このシンプルで手軽な健康法は、日常生活でのストレスや不安、悩みなどを解決する気づきを与えてくれます。

 

また、人の体を生体コンピューターと考え、人の身体にアクセスして、身体の声を直接聞くことができるので医師や施術者の知識や感情に左右されることなく、クライアント自身に答えが得られるようにしシステム化されています。

 

本当の自分に気づき、自分らしく生きる事ができれば、人生は幸福で楽しいものであることを実感できることでしょう。

 

タッチforヘルス健康法―キネシオロジーによる心身バランス健康法

筋肉反射テストが誰でもできる! 1からわかる!キネシオロジー

タッチフォーヘルスハンドブック五行メタファー

ブレインジムと私

タッチ! 健康法

アプライド・キネシオロジー入門

 

 

>>おすすめのキネシオロジーの本はこちらから