オラクルカード(ご神託)

オラクルカードとは、天使や守護霊とつながるために古代から伝わる由緒あるツールです。

 

それはピタゴラスの数秘術に基づいています。
ピタゴラスの数秘術とは、あらゆる数字と絵は数学的に精密な動きで固有の振動を持っているという定義です。

 

オラクルカードの種類はたくさんありますが、好みの絵柄(目的別)のカードを選んで使ってみましょう。

 

ここではオラクルカードの代表とされるドリーン・バーチュー博士のエンジェルカードを中心にご紹介します。

 

タロットカードも広義的にはオラクルカードですが、タロットカードではなく、スピリチュアル系やセラピー系のオラクルカードになります。

オラクルカードの使い方

マーメイド&ドルフィンオラクルカード日本語版説明書付(新装版)

マジカルフェアリーオラクルカード(日本語版説明書付) 新装版

エンジェルオラクルカードII日本語版説明書付(新装版)

大天使オラクルカード日本語版説明書付(新装版)

アセンデッドマスターオラクルカード日本語版説明書付(新装版)

女神のガイダンスオラクルカード(日本語版説明書付)新装版

大天使ラファエルカード日本語版解説書付

エンジェルセラピーオラクルカード(日本語版説明書付)新装版

エンジェルカードリーディング (オラクルカードの使い方解説DVD)

 

↑ドリーンバーチュー博士指導「オラクルカードの使い方講座DVD」
このDVDは、大天使オラクルカードを使いながら、ドリーン・バーチュー博士が実際レッスンで使用している方法を公開しています。
正確なリーディングを行う際の手助けとなるDVDです。

 

オラクルカードの使い方によって正確な結果が得られなかったというような失敗はまずありません。

 

なぜなら、カードには確実な引力の法則が作用しているからです。

 

質問したことに対して、その答えを的確に表すカードを引き寄せることができます。
だから、必ず質問の答えを得ることができるのです。

 

自分自身はもとより、他人のためにもオラクルカードを引いてリーディングすることができます。

 

タロットカードのように意味を読み取るのに勉強する必要もありません。
初心者でも簡単にしかも正確にリーディングできます。

 

ステップ1(カードを浄化する)

 

カードはとても繊細なツールです。
製造の過程や輸送の過程などで吸収したあらゆるエネルギーをクリアにする必要があります。

 

また、自分以外の他人がカードを触ったときにも同様の方法で浄化し、清める(1,2)ことが必要です。

 

あるいは、答えが明確でないような気がしたり、おかしいなと感じた時には同じようにカードを浄化し、清めてください。

 

カードを浄化(クリア)する方法
まず利き手でない方の手でカードの束を持ちます。(エネルギーを受け取る手)
利き手(エネルギーを送る手)でこぶしを握り、カードを一度たたきます。
こうすることで古いエネルギーを追い出すことができます。
カードはまっさらの状態となります。

 

ステップ2(カードを清める)

 

カードを1枚ずつさっと触っていき、自分のエネルギーを注ぎ込みます。
全カード触り終えたら、絵柄の面を自分に向けて扇型に広げます。
扇型に広げたカードを胸で持ち、カードに吹き込みたい祈りや意図を思い描いてください。
頭の中で考えるだけでいいですし、声に出してもかまいません。

 

(例)

 

このカードを使って行うリーディングが必ず正確で具体的であり、リーディングに関わるすべての人に祝福がありますように。また、私がハイヤーセルフにセンタリングしていられますように、手を貸してください。そしてこれらのリーディングを通じてやってくる神のメッセージを、はっきりと聞いて、見て、感じて、知ることができるようお助けくださいませ。

 

自信、明瞭さ、慈悲など、リーディングに必要な助けが何であっても、それを受け取れるよう求めて祈ってください。
こうして、あなたのカードは、あなた独自の振動と意図を持つようになります。

 

ステップ3(質問をする)

 

知りたい質問を考えます。
他の人にリーディングしてあげるときは、質問を心の中に描いてもらうか、声に出してもらいます。
声に出さなくても質問は通じますので大丈夫です。

 

ステップ4(カードを切る)

 

例えばエンジェルカードリーディングでは、エンジェルに質問をして、その質問を頭の中で考えながらカードを切っていきます。

 

カードを切りながら頭の中で質問してください。
そして、守護天使たちに、答えとガイダンスが得られるよう手を貸してほしいと助けを求めてください。もし、カードを切っている間に、飛び出すカードがあれば、そのカードを傍らに置いておきましょう。
カードを切っていると、感情や思考、言葉やビジョンが浮かんでくることに気づくことでしょう。
これら神からのメッセージは、あなたが引いたカードをよく理解ための手助けとなります。
カードがはっきりとふたつの束の分かれ始めたら、カードを切るのをやめましょう。
また「切るのを止めなさい」とい声を聞くことがあればそこでやめます。
あなたはリーディングの助けとなるこれら神からのメッセージを信頼し尊重したいと感じるでしょう。
あなたがカードリーディングを間違えることはありません。
引力の法則はあなたが常に正しいカードを選ぶように保証しています。

 

ステップ5(カードを選ぶ)

 

カードの中から一番上のカードを1枚引いてください。
これがあなたへの質問の答えとなります。
カードに書かれている言葉を読みながら、あなたのもとにやってくる言葉や思考、感情やビジョンに注意してください。
これらは神からあなたへの特別なメッセージです。
カードの絵にも意味があるので、隅々までよく観察してください。

 

たとえどんな状況であっても、祈りや視覚化や前向きなアファメーションを通して変えることができるのが、このオラクルカードの特徴です。
(ドリーン・バーチュ博士のエンジェルカードを参照しました)