バッチフラワーレメディー療法

バッチフラワーレメディは、1930年代にエドワード・バッチ博士によって開発された、自然療法です。

 

バッチ博士は、高名な医師であり、また細菌学者、免疫学者でもありました。

 

バッチ博士は、病気の原因はその人の内部に生じる感情の乱れにある。
病気の回復には、健康な心が鍵になると考えていました。
そして、その感情の乱れを安全に、自然な形で治癒する方法を考案しました。

 

それがフラワーレメディです。

 

バッチ博士によって開発されたフラワーレメディは38種類あります。
そのシステムは、シンプルで副作用がまったくなく、ココロやからだのバランスを取り戻すことができます。

 

赤ちゃんからお年寄りまで、安心して使用することができます。
また、動物や植物にも利用できます。

 

野生植物のヒーリングパワーを活用することで、バッチフラワーレメディは私たちのココロとからだと精神を癒し、調和をもたらせてくれます。

 

今や60数か国に輸出され、一般の人々から医療関係者に至るまで多くの人に愛され続けています。

 

シンプルで誰でも使えるフラワーレメディを使い、安らぎと喜びに満ちた毎日を過ごしてください。

 

フラワー療法事典―花のもつ癒しの魅力・フラワーヒーリング図鑑 (ガイアブックス)

フラワーエッセンスヒーリング―バッチの花療法 光の中へ

レスキューレメディ・レスキュークリームセット

医師が教える フラワーエッセンスバイブル---6ブランド134種のエッセンスプロフィール+目的別レシピ

人生が劇的に変わるフラワーエッセンス

バッチフラワー 花と錬金術